2017年10月06日

超簡単に出来る携帯落としダモ


KIMG4826.JPG
機動力抜群なフィッシングツール



思い立ったら即釣り場に直行出来るように
釣り道具一式を何時もバッグに入れている。
中でもコンパクトロッドと落としダモは
最重要アイテムだ。

KIMG4835.JPG
TRGRコンパクトロッドは
仕舞い寸法30センチ弱と最適


Effectplus_20170928_231807.jpg
オリジナルの落としダモは
収納性抜群な仕舞い寸法20センチ


秋は60cmオーバーシーバスを期待して
大きなタマアミが欲しい処だが
彼方此方を釣り歩くので
機動力抜群な大型の落としダモを
新調することにした。



<100均商品で落としダモを作る>

大型シーバス用に
フリーボックスLサイズを2個購入。

KIMG4767.JPG


フリーボックスを2個重ね
結束バンドで固定する。

KIMG4771.JPG

IMG_20150529_014659.JPG

KIMG4773.JPG
開口部中央
KIMG4776.JPG
4ヵ所固定


KIMG4781.JPG
枠と枠が重なる端から15cm辺り
KIMG4783.JPG
4ヵ所固定


次は1面の端10cmだけ残し枠に沿って
ハサミでカットする。

KIMG4786.JPG


カットした網目を結束バンドに通し
網の端全体をボンドで接着する。

KIMG4784.JPG

裏面に網目を垂らし結束バンドで
枠に固定する。

KIMG4785.JPG

裏面に回した垂らし全体に
ボンドを塗り接着する。

KIMG4794.JPG


枠の端から15~20cmの左右2箇所と
反対側中央1箇所に紐(赤)を掛ける。

KIMG4788.JPG

KIMG4791.JPG


1メートル程のロープを2本用意し
両端に輪をつくり赤紐の輪に固定する。

KIMG4850.JPG

ロープ.jpg
2㎜~3㎜のロープが使いやすい


18メートル程のロープの両端を
自在キーホルダーを介してタモに取り付ける。

KIMG4855.JPG


1度小さくたたみ
スムーズに拡がるか試す。

Effectplus_20170930_003232.jpg


KIMG4816.JPG


平面に拡がったら
取っ手の紐を軽く左右に引っ張り
立体になるか確認しよう。

引っ掛かるようなら結束バンドを追加し
スムーズに開くまで調整する。

KIMG4818.JPG


フリーボックスをぶる下げて
60°程の傾きになるよう
赤紐の位置をずらして調整する。

KIMG4795.JPG


取り込みは片方のロープ(2点支持)で
網を水中まで下ろし魚を呼び込み
2本のロープ(3点支持)ですくう。


※実釣耐久性テスト中

実際に網入れすると
50オーバーのシーバスも楽に取り込め
使い勝手はすこぶる良い。

KIMG5050.JPG

KIMG5177.JPG

KIMG5186.JPG

KIMG5165.JPG

Effectplus_20171016_221136.jpg


ストックバッグLを使えば
折りたたんで直ぐバッグに収納しても
濡れずに安心して釣りを続けられる。

KIMG4822.JPG
袋が薄く2枚重ねがちょうどいい



※網の耐久性を重視するなら
 枠の周りに鳥獣ネットを張れば
 尚安心だ。


<購入リスト>

フリーボックスL2個 216円
結束バンド      108円
クリアボンド     108円
自在キーホルダー   108円
ロープ        108円
ストックバッグ    108円
==================計 756円






posted by フィッシャーマン at 16:08| Comment(0) | アウトドア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください